株式会社ヰセキ東北

農業機械販売の「株式会社ヰセキ東北かぶしきがいしゃいせきとうほく」のウェブサイトです。

従業員の新型コロナウィルスの感染発生について

当社は、福島支社 会津中央営業所(湯川村大字清水田)に勤務する従業員1名が新型コロナウィルスに感染していることを、9月21日に確認いたしました。9月25日現在、会津中央営業所の安全確認を行い安全が確認出来た従業員については通常業務を開始しております。

当社では、所管する保健所の指導のもと、引き続き当該当に勤務する従業員の健康と安全確保を最優先に対応を実施しております。

地域の皆様や関係者の皆様に多大なご心配またご迷惑をおかけし心よりお詫び申し上げます。

当社は、これまでも新型コロナウィルス感染予防対策を実施しておりますが、今後もお客さまや取引先、従業員および家族の安全確保・感染予防を最優先に、社内外への感染拡大防止に取り組んでまいります。


2021年9月25日

 株式会社ヰセキ東北



弊社における新型コロナウイルス感染症への対応について

情報を更新しました。

文章(PDF)


マイナビ2022エントリー開始のお知らせ

採用情報を更新しました。

採用情報

新型コロナウィルスの影響に伴うイベント開催について

現在発生している新型コロナウィルス感染症の情勢を鑑み、お客様をはじめ関係する皆様、また従業員の安全を考慮し、大規模イベントの開催を自粛させて頂いております。

展示会等でさまざまな情報を楽しみにされていた皆様には、多大なご迷惑をおかけしますが、ご理解を頂きますようお願い申し上げます。

営業カレンダーに関するお知らせ

弊社営業日がWEBで確認できるようになりました。

カレンダー

営業時間外対応に関するお知らせ

お客様各位

拝啓  時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

  さて、弊社は政府の「働き方改革」をうけ、従業員が働きやすい環境を構築し、より良いサービスを提供し続けるため、従業員の処遇改善をめざしております。

  つきましては、営業時間外の対応について、以下の通りお知らせいたします。皆さまには何かとご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、引き続き倍旧のお引き立てを賜りますよう、お願い申し上げます。

○修理等の受付について
  営業時間は8時30分~17時00分(農繁期は17時30分)となっております。営業時間内での対応が困難と判断される場合については、翌日対応となります。
担当セールスマンの携帯電話受付についても営業時間の通りとなります。
○通常期の休日について
  弊社の通常期の休日は、土・日曜日となっております。休日対応については翌週月曜日以降の対応となります。(展示会等、弊社行事の都合により営業日としている場合もございます。)
営業時間外に担当セールスマンの携帯電話へ直接ご連絡頂いた場合も、翌日及び休日明けの対応となる事をご容赦ください。なにとぞ事情をご賢察の上、ご高承賜りますようお願い申し上げます。
○農繁期の休日について
  弊社の農繁期(地域によって時期は異なります)の休日は日曜日となっております。休日対応においては、従業員の当番制での対応としている場合もありますので、緊急時以外は翌日以降の対応となります。 また、従業員の休日対応の振替日を平日に割り当てている関係上、担当セールスマン以外での対応となる場合もございます。ご確認の際は営業所までご連絡下さい。

更新履歴

2021/03/26
採用情報を更新しました。
2021/02/04
News、Close upを更新しました。

News



ISEKIのフラッグシップトラクタ「T.Japan W」がnanoblockになって登場!
ヰセキ東北にて、好評発売中です。お問い合わせはお近くの営業所まで!

★東北以外の地域にお住まいで、購入希望の方については、メールでお問い合わせ下さい。
お名前・ご住所・ご連絡先をご記入下さい。こちらから、ご連絡させて頂きます。

メールはこちらへ! webmaster@iseki-touhoku.co.jp


Closeup



ヰセキの新商品はこちらから。多彩なニーズに対応します。



youtubeにて最新情報を公開中!ぜひチェックして下さい。



ヰセキコイン精米機、各地に設置中!お近くの精米機の設置場所検索はこちらから。

特集

めざましごはん フードアクション
個人情報保護法への取り組み 環境への取り組み

Link

井関農機株式会社 作業機メーカー

ご案内

夢ある農業応援団
COOLCHOICE

井関グループは、 環境省による地球温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動である【COOL CHOICE】の取組みに賛同しています。 「賢い選択」の提案として「エコ商品」など環境に配慮した商品の開発普及を推進しています。